屋上つき木造住宅 はとみリビング (鶴ヶ島市) > 業務紹介 > 介護リフォーム > 介護保険を利用した住宅改修の助成金制度

介護保険を利用した住宅改修の助成金制度

介護保険における住宅改修

自宅での介護でお困りの方

介護の負担を軽減したい方

介護保険を利用してバリアフリー工事や手すりの取り付け、すべりの防止等、
住宅改修の施工から申請手続きまではとみリビングがお手伝いします。
自宅で介護を行っている方は住宅改修によって介護負担が軽減されます。
お問い合わせやご相談は、建築士+福祉住環境コーディネーターといった有資格者在勤の
はとみリビングまでお気軽にお問い合わせ下さい。

住宅改修の概要

要介護者等が、自宅に手すりを取付ける等の住宅改修を行おうとするとき(*)は、必要
な書類(住宅改修が必要な理由書等)を添えて、申請書を提出し、工事完成後、領収書等
の費用発生の事実がわかる書類等を提出することにより、実際の住宅改修費の9割相当額
が償還払いで支給されます。
なお、支給額は、支給限度基準額(20万円)の 9割(18万円)が上限となります。
(*)やむを得ない事情がある場合には、工事完成後に申請することができます。

住宅改修の種類

手すりの取り付け

廊下、便所、浴室、玄関、玄関から道路までの通路等に転倒防止や移動補助のために
手すりを取りつける工事が対象となります。

段差の解消

居室、廊下、便所、浴室、玄関等の各室間の床段差、および玄関から道路までの通路
等の段差を解消するための工事が対象となります。

滑りの防止および移動の円滑化等のための床または通路面の材料の変更

居室における畳敷きからフローリング等への変更、および浴室や通路面等における滑
りにくい材料への変更等の工事が対象となります。

引き戸等への扉の取替え

開き戸を引き戸やアコーディオンカーテン等に取替える工事が対象となります。

洋式便器等への便器の取替え

和式便器を洋式便器に取替える工事が対象となります。

その他上記の住宅改修に付帯して必要となる工事

(例)
手すりの取付けに伴う壁の下地補強、浴室の床のかさ上げや便器の取替えに伴う
給排水設備工事、床材の変更のための下地・根太の補強、扉の取替えに伴う壁または
柱の改修工事等が対象になります。
※注意:付帯工事のすべてが認められるわけではありません

申請から支給までの流れ

① はとみリビングへご相談下さい

介護支援専門員(ケアマネージャー)等と提携し、
住宅改修の内容について打ち合わせを行います。

② 申請書の提出(被保険者から各市町村へ)

着工の前に、各市町村の介護保険課へ下記の書類を提出してください。
①申請書
②居宅介護住宅改修費等の受領委任払いに関する同意書(受領委任払いのみ)
③住宅改修が必要な理由書
④工事費見積書
⑤住宅改修後の完成予定の状況が分かるもの(写真、簡単な図面)
⑥住宅の所有者の承諾書(本人、同居家族以外が家屋等の所有者である場合)

③ 改修内容承認通知(各市町村から被保険者へ)

各市町村で提出書類を基に、改修内容の確認を行います。
改修内容が承認された場合は、承認通知書を送付します

④ 工事の着工・完了

各市町村からの承認後に着工致します。
※着工の際、改修前・後の写真を撮影致します。

⑤ 必要書類の提出(被保険者から各市町村へ)

工事が完了したら、各市町村の介護保険課へ下記の書類を提出してください。
①領収書(先に工事費用の全額をお支払い戴きます)
②工事費内訳書
③完成後の状態が確認できる書類(改修前・後の写真)
④承認通知書

⑥ 書類の審査

各市町村市で提出書類を基に、住宅改修費の支給審査が行われます。

⑦ 支給の決定通知

住宅改修費の支給審査の結果、支給が決定された場合は、支給決定通知書ガ送付
されます。

⑧ 口座への支払い

償還払いの場合・・・各市町村から被保険者へ支払われます。
受領委任払いの場合・・・各市町から施工事業者へ支払われます。


 

Copyright(c) 2018 はとみリビング株式会社 All Rights Reserved.