ヒートショック対策リフォーム

2015年12月16日

ヒートショック対策リフォーム

室内の温度差を減らし安全で快適な住宅へ

服を脱いで体を露出させた時には、急激な温度変化によって血圧が大きく変動して
心筋梗塞や脳梗塞を起こしたり、失神または不整脈を起こすなどの危険性が高まります。
これら心臓や血管に起こる健康被害をのことをヒートショックと言います。

寒い冬の時期、ヒートショック対策として洗面室・脱衣所を温かくして
居室との温度差を小さくすることがヒートショック予防に有効です。
洗面脱衣室は部屋が小さいため、断熱工事や暖房設備での手軽なリフォームでも
大きな効果が期待できます。

怖いのは服を脱いだ時の急激な温度変化内窓を後付けして断熱性アップ二重窓
洗面室・脱衣室のヒートショック対策温度差を解消
温風暖房機

足下から優しく暖める床暖房床暖房パネル

 

 

 

 

 


入浴時の脱衣室で急な血圧低下によりヒートショックを起こさないようにするために、
洗面脱衣室に電気温風暖房機を設置したり、後付けの内窓を設置し二重窓するリフォーム工事など
断熱性を上げ洗面脱衣室を温かく保ち、居室との温度差を10度以下に抑えることが
ヒートショック事故を未然に防ぐために重要です。

また足元から優しく暖める床暖房は、着替えをする場所への採用にも適しています。
着替えをする際に裸足になった時は足裏からの伝導熱で直接暖かく、
衣類を脱いだ体全体へは輻射熱によってやわらかく暖かさが感じられ、
洗面室で鳥肌をたてるような事もなくなります。
既存の床の上に重ねるカバー工法により、1日でリフォームが可能ですのでお気軽にご相談ください。

 

Copyright(c) 2018 はとみリビング株式会社 All Rights Reserved.