屋根のリフォーム

2016年02月26日

コロニアルからガルバリウム鋼板の金属屋根にリフォーム。

【 工事前 】

施工前
   

これは既存の屋根の上に新しい屋根材を重ねて葺くカバー工法と呼ばれる方式です。
解体コストの削減と工期の短縮が可能なため近年多く採用されています。

【 工事後 】

施工後

既存の屋根がカラーベスト・コロニアルなどのスレート系や、
鋼板葺き屋根(トタン屋根)など軽量な屋根の場合に有効な屋根リフォームで、
現在の屋根材が日本瓦・洋瓦などの陶器瓦やセメント瓦など重量のある屋根材で
葺かれている場合には適用しない工法です。

この方式のメリットは、費用と時間短縮でコストパフォーマンスが良いほかに、
既存の屋根を解体しないので、工事期間中の雨の心配が不要です。

これは住みながら行うリフォームではお施主さまの大きな安心であり、
通常通りの生活を続けながら工事が可能でお薦めできます。

また、屋根が二重になることで断熱性・遮熱性も高まり、
冷暖房費の節約にも効果的です。
 
 
写真は、はとみリビングの実際の施工例です。

カバー工法による屋根リフォームの場合は、コロニアルなど既存の屋根の上に
下葺き材として粘着性がある防水シート(アスファルトルーフィングと言います)を使います。

下葺き

これは剥離紙を剥がして貼り付けるタイプで、通常の下葺き材よりも高い防水性があり
屋根の全面にこれを貼り付けて、その上に金属屋根を施工します。

屋根を重ねる事で建物にかかる重量を心配される方もいる事と思いますが、
金属屋根やスレート屋根は、もともとの重量が瓦の1/2 ~ 1/3程度です。
リフォームによって重ね葺きした場合でも、合計重量は瓦屋根よりまだ軽量です。

また当社では「はとみ建築設計事務所」も併せて設置しており、
建築士による屋根裏の構造の事前チェックにも無償で対応しておりますので、
屋根下地の補強などが必要な場合にも、工務店ならではの総合的な対応が可能です。

既存の屋根を解体する必要があるのか ないのか、その現場にはカバー工法とどちらが有効なのか。
ぜひお気軽にご相談くださいませ。

屋根メンテナンスの相談は 【 こ ち ら 】 から
 
 

Copyright(c) 2018 はとみリビング株式会社 All Rights Reserved.