雪止めは後からでも屋根に取付け可能です

2016年11月29日

先日 関東に雪が降りました。
11月の初雪は54年ぶりだそうです。

雪止金具

毎年この時期になると屋根の雪止めについて何件か相談を頂きますが、
ちょうど降雪の1週間前にも雪止め金具の取付けを施工したところでした。
今回の雪でさっそく雪止めの効果が発揮されたことと思います。

【 日本瓦 雪止め なし 】
日本瓦 雪止め なし

   

【 施工後 後付け型 雪止め 】
雪止め 後付け

写真は和型瓦の雪止めですが、
どんな屋根材でも雪止めは後から取付けが可能です。
洋瓦、セメント瓦、スレート、コロニアル、金属鋼板など、
それぞれの屋根専用の雪止め金物がございます。

下の写真のようにこの屋根は瓦がまだ釘止めではなく、
土葺き工法で瓦桟に引っ掛かけてある頃のタイプです。
瓦を一度取外し、雪止め金具を野地板にビスでしっかりと固定していきます。

雪止金具 ビス留め

屋根の下にカーポートがある場合など、絶対に雪を落としたくない場所では、
雪止めを2段または3段に設置する事も可能です。

またそれらの雪止め金具にアルグルバーを横流しにしてボルト固定することで
さらなる防滑性をもたせる事もできます。

雪止め設置 のお見積り・ご相談は、
 【 こ ち ら 】 からお気軽にお問合せ下さい。

 
 
 

Copyright(c) 2018 はとみリビング株式会社 All Rights Reserved.