大震災

2016年03月11日

5年前の今日、
宮城県沖を震源とした東日本大震災が発生しました。

震災により亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますと共に、
被災された皆様には改めて心よりお見舞い申し上げます。

過去類を見ない大きな災害でした。
石巻

志津川

私は被災建築物応急危険度判定士として埼玉県に登録しており、
大地震などの災害時には、二次被害を防ぐため罹災した建物を調べ、
余震などによる倒壊や部材落下の危険性を判定する任務に
要請に応じて従事することになっています。

そういった経緯から災害時における取組みの一環として
東日本大震災の時にも罹災直後の被災地を廻りました。
(仙台~石巻~女川~南三陸~気仙沼~陸前高田~大船渡)

南三陸

女川

陸前高田

津波という事象の前に人間は非常に無力であると痛感させられショックを受けました。
住宅が人に出来る事はないか。建設が社会に出来る事はないか。
起こりうる大地震や洪水から住む人が少しでも救われる住宅に近づけたいと
計画や設計のみならず細部の施工にいたっても常に意識するよう日々努めております。
〔記事投稿:橋本〕

Copyright(c) 2018 はとみリビング株式会社 All Rights Reserved.